三度の飯と二度寝がSUKIDA!そんなオタクです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
4月29日の衣装
110428_1609~010001.jpg
29日にやってきたろっさまインデックス、わりかしきれいにできたので載せておきます(o^∀^o)
ちゃんとポリ用使って緑に染めたんだけど、まったく染まってなかったよあぼーん\(^o^)/

マフラーまだ作る前に撮った写真なので、代用〜
マフラー、ガーゼにしたので冬はあんまりあったかくないけど、めちゃくちゃきもちよいですv

製作過程 - -
お米、ブルゾン比較
 
製作ブツの比較画像を載せてみます。
個人的に、きちんと比較しておきたかった衣装なので…

 
ヘタリア・アルフレッド(あめりか)衣装。
左:通常軍服
右:銀幕

裏地がついていないので ブルゾンだけを比較できるように中に黒いTシャツを着せてあります^^
トルソーいいかげん買いたい。

日暮里に行ったなーさんに「おいちょっと茶色の合皮を4mばかし買ってきておくれよ」と言って買い置きしてあった合皮なので、同じ生地なんですね、ハイ。
大変お安く入手できましたが、若干ストレッチ生地であります。下手すると伸びるわけですね。もちろん下手したので伸びてるところがあるんですけど。私の技量と安さからは文句なし!

同じ生地ということもあり、きちんと「チガウンダヨ!」っていうアピールをしたかったので、互いにいかに原作に近く作るか、という部分に拘ってみたつもりではあるけど…地元の手芸屋さんの在庫に限界があり、そして私の財布にも限界があるため、できる範囲で^^^^


違いを言うと、前閉じ、ファー、ポケット、裾 ぐらいかな?

かるーく比較

◇前
軍服:ジッパー に、なるはずでした
銀幕:スナップボタン 閉めるときのポチッていう感触が個人的にツボ^q^

◇ファー
軍服:一応「軍服」なのであんまりもふもふしてるのはなあ…けどちょっとはもふもふさせたいなーと思いプードルボア?を採用ちょっと毛先にまとまりがあるファーで撫でるとかなり落ち着く。
銀幕:本家の連合イラストがもっふーとしてたので自重せずもふもふ。暖かい^//^

◇ポケット
軍服:とにかく手を入れたり小物を入れたりしたいので公式デザインと(多分)いっしょの形のポケットを。ここに携帯を入れたままストラップ飛び出して写真に写ったりしてしまうので、いいんだか悪いんだか
銀幕:映画の方のポスター参考に。きちんと物入ります^^マチと蓋があるので、手を突っ込むのには向いてない。手袋入れるのにかなりちょうどいいです。胸元ポッケのジッパーの布部分が白いのが良かったんだけど、売ってなかったので黒。地元ェ。ちっちゃいもの入れるのに役立ちポッケです。

◇裾
軍服:オーソドックスに合皮で。スナップ付けるべきだったかもだけど、ジッパーすら付いてないのでなにも付けてないです。
銀幕:これまたポスター参考にするとリブニットぽいのでリブニット。これがまた高いんだ…


書いてみて思った。これ自己満だね。完全に。
作ろうと思っている人の参考にはならないよな。スイマセーン><

で、やっぱ上着は裏地付けなきゃいかんなと…

今回写真を撮ってみて、軍服ブルゾンはジッパーつけたいし、いろいろ汚いので(銀幕はなにもいじってないんだけど、軍服はファーの部分安全ピンのお世話になってます↑∀↑)作り直す決心ができました。
あーでもレザー縫いするたびにミシン壊しそうでおそろしい。゜(゜^o^゜)゜。


そして前も言ったけどそろそろ茶色合皮見飽きた↑ω↑
それがアルのアイデンティティーかもしれないけど、もうちょっとなにかないか…

製作過程 - -
久々のずきゅーん頂きました。
来週の銀幕にそなえて本家イラストを見たら、19才の胸筋に本気で悶え死にそうになりました。
なにあれ触りたい…
アメリカはいろんな体型で描かれるけど、私やっぱりちょっとがっちりしたメリカに萌えるようだ。3巻表紙みたいなスラッな19歳も好きだけど…! 


自作派らしく製作日記も書いてみるよ!
と言いつつ今回はただの塗装画像です^q^
なにか期待してくれた方すみません

はい、というわけでCDジャケイラストのポリスver.メリカの胸元の保安官バッヂみたいなやつね、あれを塗装します。


せっかく新しいレンズがマクロ込みなので一眼で撮ってみた

嬉しいことにテキサスと書いてあります。
ドイツ製2.99ユーロでした。ドイツのデパートのおもちゃ売り場で「これ!!!」と思って購入(笑)
はい、完全に子供のおもちゃですね。他にも子供向けとは思えないリアルなモデルガンとか、古式銃とかがかなりお手頃な値段で売ってた。ドイツいいな…
残念ながら見えないけど裏にはドイツ語の他フランスイギリス各国語で「尖った針注意」的なことが書いてあるやさしい設計。うんうん。



塗装しました。
せっかく元が鉄製でいい味出してたので完全に塗装せず、乾く前に布で擦り、塗装、乾く前に布で拭い、塗装を繰り返してアンティークゴールド感を出していきます。
今後他の腕章とかと色味を合わせることが非常に難しいであろうことが予測されますが今はそんなこと気にしません^^^
あまりの寒さに室内で新聞紙ひいてやってたら妹にくっそ怒られたので、ここまで。
まだ完成していない\^^/
まあまだ合わせの予定が立っていないので完全なる自己満イエーア。
フランちゃん捕まえてあるけどイギリスが欲しいぞー
製作過程 - -
| 1/1 |